バスと電車で行く観光旅行ツアー


    スポンサードリンク
   

記事一覧

その他
お城のない城下町といわれる城下町長府を歩いてきました。出発点は地元ではフグ料理(下関ではフク料理)で有名な古串屋(向かいには系列店の十楽)で、最終地点が功山寺…

記事を読む

春帆楼下関本店(..

下関
(↑春帆楼 下関本店の画像より)「春帆楼(しゅんぱんろう)」といえば日清講和条約(下関条約)の会場として有名ですね。初代内閣総理大臣の伊藤博文公により名づけら…

記事を読む

門司港レトロ
門司港レトロのランドマークと言えば黒川紀章氏が設計した『門司港レトロハイマート』ですがレトロハイマートの最上階にある門司港レトロ展望室に行ってきました。中に…

記事を読む

門司港レトロ
全長2.1kmという日本で一番短く、しかも遅い列車と言われる門司港レトロ観光線 トロッコ潮風号 に先週乗ってきました。休暇中もあって混雑していました。始発から終点…

記事を読む

門司港ホテル門..

門司港レトロ
門司港レトロでは名物の『焼きカレー』を門司港ホテルで頂いてきました。門司港ホテル(ポルトーネ)の『焼きカレーランチ』は1900円でお値段もそれなりにしますが、…

記事を読む

城下町長府の風景(古串屋⇒笑山寺⇒功山寺)



お城のない城下町といわれる城下町長府を歩いてきました。
出発点は地元ではフグ料理(下関ではフク料理)で
有名な古串屋(向かいには系列店の十楽)で、
最終地点が功山寺の前です。

尚、左側に流れている川は壇具川と呼ばれ
鴨が戯れています。



 カテゴリ
 タグ

春帆楼茶寮(下関大丸店)のランチ(春帆楼 下関本店)

春帆楼下関本店
(↑春帆楼 下関本店の画像より)

「春帆楼(しゅんぱんろう)」といえば日清講和条約(下関条約)の会場として有名ですね。
初代内閣総理大臣の伊藤博文公により名づけられています。
そんな「春帆楼」の系列店である「春帆楼茶寮」でランチをしてきました。
春帆楼のランチ

春帆楼茶寮では「週替御膳」というランチメニューがありますが
今回は20日、21日、22日限定の
「ミニ握寿司膳」(1260円)をいただきました。

春帆楼名物の「ふぐ」(下関では「ふく」と言います)は
「ミニ握寿司膳」にありませんでしたが、下関名物の瓦そばと
握り寿司があり大変おいしく頂きました。

場所は下関大丸7Fのレストラン街にあります。
週替御膳 1,050円(ランチタイムより)
鯛茶漬け 1,260円
茶寮弁当 1,575円
茶寮ふく御膳 2,100円
天婦羅御膳 1,575円

***春帆楼茶寮 下関大丸店***
山口県下関市竹崎4−4−10
下関大丸7Fレストラン街
083−235−8029
11:00〜22:00
(ラストオーダー 20:30)
下関大丸
 カテゴリ
 タグ

門司港レトロ展望室に行ってきました(黒川紀章氏設

門司港レトロで観光 黒川紀章が設計した門司港レトロハイマート

門司港レトロのランドマークと言えば
黒川紀章氏が設計した『門司港レトロハイマート』ですが
レトロハイマートの最上階にある門司港レトロ展望室に行ってきました。
門司港レトロ展望室
中にあるAIR'S CAFE の定員の方がよほど暇だったのか
ウトウトと「夢の中」へ行っていました。

レトロハイマートの屋上からは
「海賊とよばれた男」のモデルである出光佐三の生涯の軌跡
が展示してある出光美術館(出光史料館)が見えますよ!
出光佐三
↑中央に見える線路は日本で一番遅い!短いと言われる
門司港レトロ観光列車 トロッコ【潮風号】です

「門司港レトロハイマート」は今でも人気物件なのか
2LDKのお部屋を1室借りるのに10万円以上かかります。
確か建てられたのは1999年で10年以上前ですが、
色あせぬ人気ですね。有名建築家の設計というものあるのでしょうか??

最上階の半円柱のフロアは消防用の水槽が置いてあり
屋上は緊急用ヘリポートになっているそうです。

追伸ですが、
森光子が所有しているお部屋があった(?)そうです
 カテゴリ
 タグ

平成筑豊鉄道 門司港レトロ観光線 トロッコ潮風号に乗ってきました。

全長2.1kmという日本で一番短く、しかも遅い列車と言われる
門司港レトロ観光線 トロッコ潮風号 に先週乗ってきました。
トロッコ潮風号

休暇中もあって混雑していました。
始発から終点まで10分間だけなのですが
ノーフォーク広場駅〜関門海峡めかり駅
の間のトンネルはとてもドラマチックですね。

このトロッコ号には公式の(??)愛称がありまして
「北九州銀行レトロライン」と呼ばれています。
以前は「やまぎんレトロライン」(やまぎん=山口銀行)
と呼ばれていましたが、この愛称は
ネーミングライツ(Naming rights、命名権)を取得した
山口銀行にちなんでつけられていました。

トロッコ潮風号
運賃は
大人片道 300円
小人片道 150円

1.九州鉄道記念館駅
2.出光美術館駅
3.ノーフォーク広場駅
4.関門海峡めかり駅

3のノーフォーク広場駅は当初
ノーフォーク広場駅レストラン『ら・むゑっと』入口
という名称でした。
 カテゴリ
 タグ

門司港 焼きカレー(門司港ホテル 焼きカレーランチ)

門司港ホテル
門司港レトロでは名物の『焼きカレー』を
門司港ホテルで頂いてきました。

門司港レトロで焼きカレー
門司港ホテル(ポルトーネ)の『焼きカレーランチ』は1900円
お値段もそれなりにしますが、
お店(ポルトーネ)の雰囲気も落ち着いていいので
ぜひとも1度は訪れたい場所だと思います。
ランチメニューの画像は【続きを読む】にあります。
メニュー
1.メランジェサラダ(グリーンサラダ)
2.本日のスープ(冷製コーンスープ)
3.贅沢焼きカレー
4.フローズンヨーグルト
5.コーヒー

門司港ホテルでは、この焼きカレーランチの他に
1日10食限定の『"超"贅沢焼きカレー』
が2,900円でありますよ。
なお「門司港ホテル監修 焼きカレー」という冷凍食品や
レトルト食品も販売されているので、
門司港まで足を運べない方は買って食べてみるのも手ですね。
ただ、もちろん本場で食べると全然味が違います。

門司港ホテルといえば イタリアの建築家アルド・ロッシ氏
ロッシ氏と言えば1997年に多くのプロジェクトを世界中で抱えていた中、
ミラノで自動車事故によって亡くなったので、
この門司港ホテルが遺作と言われていますね。

 カテゴリ
 タグ

    スポンサードリンク
   

Copyright © バスと電車で行く観光旅行ツアー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます